季節の変わり目は要注意!頭痛や肌荒れの原因にも・・・「隠れ冷え性」対策【横浜・関内・みなとみらいエリア】【足つぼマッサージ】

WEB予約

ブログ

季節の変わり目は要注意!頭痛や肌荒れの原因にも・・・「隠れ冷え性」対策【横浜・関内・みなとみらいエリア】【足つぼマッサージ】

2019/07/15

季節の変わり目は要注意!頭痛や肌荒れの原因にも・・・「隠れ冷え性」対策

 

春から夏にかけて、だんだんと暖かくなってくる時期。

この季節の変わり目に多いのが「隠れ冷え性」。

 

夜、蒸し暑い中での薄着や、社内や室内の冷房による身体の冷えなど、油断しがちなこの時期だからこそ気を付けたいですね。

当店でも、今の時期に圧倒的に多いのがこの「隠れ冷え性」です。

自覚のない冷えは、むくみや胃腸の不調、頭痛や肌荒れなどを招きます。

そんな隠れ冷え性を予防して、夏を健康的に迎えましょう。

 

・3つのポイントを温めましょう
この時期の「冷え」は、首・お腹・足首の3箇所を重点的に温めることによってある程度予防することができます。

首には冷房の効いた室内でも冷えない様にスカーフを携帯することをお薦めします。

オフィスではミニスカートをなるべく避けたり、夏用の腹巻を着用したり、座っている時にはブランケット掛けるなどして温めると効果的です。

血液循環が悪くなりやすい足首対策としては、生足を避け室内では靴下を履くようにして身体が冷え切ってしまうのを避けるようにしましょう。

 

・下半身の筋肉を鍛えましょう

血行や新陳代謝を促進する下半身の筋肉を鍛えることで、身体を冷えにくい状態に近づけることもできます。 

・早足で歩く

・椅子に座っている時や電車など待っている時などに、かかとを上げ下げする

・なるべく階段を使う

・足指を動かす

・足首を回す

激しいスポーツをしなくても日々の生活の中でちょっとした動きを続けてあげることで冷え対策に繋がります。

 

・飲み物と食べ物を工夫しましょう

暑くなってくると冷たい食べ物や飲み物を摂りやすく過剰に体温を下げてしまい、その結果身体がより冷えやすくなります。

内臓が冷えることによって臓器の働きが鈍くなり、消化不良や下痢、便秘などさまざまな体調不良を引き起こしてしまいます。

 

飲み物は常温や温かいものを飲み、生姜や根菜類を積極的に摂取すると体内から身体が温まり、冷え予防に繋がります。

夏に旬とされる野菜(瓜やナスなど)は身体を冷やすとされているので、火を通したり量を調整するなどして工夫して摂取することをお薦めします。

その他、暑い屋外と冷えた室内の出入りを頻繁に繰り返していると急激な温度変化で自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自律神経の乱れによって身体がだるく感じてしまったり、夏バテという症状を引き起こします。

特に女性の場合、子宮卵巣やホルモンバランスにも影響が出てくるので、肌荒れやむくみにも繋がってしまいます。

この症状は、夏が過ぎて秋冬まで長引くことも少なくないので、身体の冷えから来る自律神経やホルモンバランスの乱れには特に気をつけたいものです。

 

日々の生活の中で少し気にかけるだけでも十分に予防することは可能です。

今年は「隠れ冷え性」卒業で健康的な夏をお過ごしください。